読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スカイツリーがこんなに近くにあって
どうして
忘れることができよう

無理だ。私には。
もういい
いつもいい

ほんとうにどうでもいいのに
抗う何か

解らない、
きみにしか、
でも解らなかった私には
君を。

大きな心を持って、、、、、
できました。

なにせ若い子の言うことですからね。

目が死んでいるのかも
いや死んでいる
たまに思うもの

70歳ではないのになあ。
なんかもう悲しいです!!

でも仕方ない
失い過ぎだろいちいちさあ

作り笑いをして頭が痛くなる 

これは自然なことなのか?
しゃこうてきであることが
私には不自然に思えて仕方がないのん。
てか痛いの頭がとても。

わからないよね?
多分

そうやって生きてきても
それを職にしても

母は居なくなるし、なんにも得なかった。

でも今
家の中にいて
なんの収入もなくて
それって自分が存在する方法として
おかしくて歪んでいて、と思えた。

日々は不安だけど不穏ではない。
刺激はないが、頭痛のタネもない。

そして学校へ行った。
でもそれってフタマスまえと同じじゃないか?
社交的を装って現に頭が痛い。

学校は社会の縮図なので結局
社会では社交的である必要がありそれは
私を苦しめるわけです。

この仕事はそうじゃない、
筈がなくて

でもそれを私は選択した。
これしかないわけじゃないかもねでも
選択したんだよ私が
哲学を選択したようにさ。

つまりは船は、既に沖を離れた。
向こう岸は私が選ぶから問題ないよ。

恋と言いたい。
んー
恋などと?楽しげな
モラルのないひと?
僕は、待つよ。

 

何かをしていたときでさえ眠れなかったのに
何もしていないなら
眠れるはずが無い。

もう、
会うことがないのだと思うと
もう一生会えないのだと思うと、
目に涙が溜まってしかたない。

さようならも言わなかったよ。

君のことを、君の面影を見つける度想うの?
私はちっとも優しくできなかった。

もし自分で飼うようになれば
君のことはもう思い出さない。

君のことがとてもすきだった。
君が恋しいよビギー、白くてまあるいチワワの雄。

私の作り笑いはデニーロ仕込みだ。
なんせんす!!なんとなく!!

やっぱもう
電車に乗りたくないや
地下鉄ならまだしも
全部徒歩がいい。

パチーノが本物の愛と生活を見つけた日!!!!
安心して眠ることができるよ私は!


羨ましいなー
あんの?21世紀にソレfuck

あー茶が飲みてえ。
東京のまっずい水で茶を飲むんだよ。

東京が恋しい。
頭は今日も痛い。

いいね田舎は
お〜いお茶は同じ味だからな。


何を得たのだろう?
失ったものは時間。


私の大切なものはやはり。
うんうん。