読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えーと多分
生活のハリというところで。

何かを待つことは
ある種の日々の波です。

待っているものがあることは
幸せじゃないか。

知りたいだけなんだもっと
張り詰めた感覚を持ってして

ぐにゃぐにゃ思わない
やり方はないな。
私には。

醜くても
友達とかちゃんと居て幸せな方が
よっぽどエライ。

知らないよ
なんでだ。

なんでなんだ。
なんでわざわざ私なんだ。

醜くても
友達とかちゃんと居て幸せな方が
よっぽどエライ。

知らないよ
なんでだ。

なんでなんだ。
なんでわざわざ私なんだ。

なんかさあ。
なにを期待している?
何も。
でしょ?

って


あーあー
この行動を改めれば
またできるのか?


私が他人に受け入れられる筈がねえよ。

どうだよ
私がこの人って思った人ですらだめなんだから
そうじゃないやつなんなの

私も結局理想が高すぎんのさ
でも手間だよね

自分好みにしたいわ。
自分が理想になるか。
自分のままを受け止めるひと。

自分好みにするのは一番たいへん
理想になるのが一番らく
受け止めるひとを探すのは案外?

まあなー、
どうすりゃ、



えっと、、、
自撮りって怖くない?
タスケテー

でもこの人たちに
私の価値はわからなくないか?
んー
尺度が。
ないからさ。

わかるのは私に価値はないということだけ。

知らないじゃない、どんな気持ちでいたとか
苦痛とか今を見ても
ないわけで微塵もさ

あの店が業界が、
わからないでしょう
今となっては私が
根拠を出すこともできない。
難しいよね。

価値はないけどでも
なんだろう
いちお社会的に生存していたから
それは確かだから。

まーそんな過去のこと言っても仕方ないわ。
知るかよまじ。

学校行かなくても
勉強しよう。
自分でとにかくやってみよう。


なにこれ
よくもまあ。

すきすきと
過ごした日々は呆気なく終わり、
すきなのかーへえーという日々は
終わってからすきすきとおもう。
抗う必要がある。


なんちうね。
なんなんだ。

もう行かない一生、と思うと絶望しかなくて、
このように
この人のように。
でも考えるに
この人と同じことをするなら
この人でよくて。
この人と同じことをしないから別の人で有る意味。

別に選んだわけじゃないけど
居ないという事実だけが横たわって
確実すぎて
ほんとっぽくて
真実と
いいたくなる。

終わった。
犬は居ないし墨田にも何の関係もなくて、
文京とスカイツリーを繋ぐために不忍が在って、
だからなに

なににせーよ

なんかね
その程度の作業が苦労というなら今まで私がしてきた思いは何なのかと

作業…に苦労もクソもないかと


こいつらに就職先がないのは
火を見るよりも明らかだが、
何故私は奴らと同じように
就職先を斡旋して貰おうとしているのか?

疑問だ。
おかしいよな。

同じような就職先で
今まで私が感じてきた苦痛と苦悩を
味わえる筈がない。

つまり普通に楽。
私はそれでいいだろもうでも

何で社会に何にも還元してこなかった奴らが
楽する必要があるの?

意味がわからない。

何なの?大人しくモノを売ってればよかったとかそゆ話ですか

でもそう思うわ。
思わないけど、はたからみたらそうだろう
私は思わないけどね



他人は多分
苦痛や苦悩を味わう感覚を持ち合わせていないんだろうなあ。
楽しいねよかったね

朝、アヒルさんボートが整列している。
一羽一羽におはようと言う。
又朝が始まる


妄想

こいつらに将来があってたまるか




とりあえず辞める


なんか違うわあ。
みたいな感覚



うぜえなあ。ほんと。

スカイツリーすきなんだ、君を思い出すので。
でもそれって
嫌いになる要素を含んでいるよね元々

元々なら仕方ないな

方法はいくらでもあるんでね。
お前らが考えつかないだけ

考えちゃうよな。
授業内容より
この状態そのものに疑問を感ずる。

自分を売らなくていい第一歩だよな。




かわいくしたり綺麗でいる必要が
ない
のは
果たして…?





それが願っていたこと。
理解した。





東京について考えたり、
好きなものを思い出す、
過程がいらねえ家庭も要らない。