読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の世界がちいさくなってく
天井が閉じてゆく感じがする。

からいやなんだ、
知り合い知り合い
あるよね、でも業界のひとだったら違う

同郷かつ同年代はまずい
同郷 同年代 同業者は避けろと
ビジネスの基本だぞ!

低家賃だから同じとこに住むって
引くだろ。

貧乏人
それがいやなら努力するよね?
私は努力したからここに住んでいるのだよ?

ざっけんなわかるかよ
お前らに

帰れよくにに
東京都でくにの奴とつるんでも、、ねえ、、

ねえ、、

ツライ


ツライやつとは居ないよ私は

私は日本酒とかお酒とか
そういったものがすきなのではなくて

あーあ、結局
あのときがすきだっただけだ。

もう誰とも
そうならないし、
そうなりたくないんだ

住むとこでも
来るとこでもない
つまり関わらなくていいとこ。

絶対君を見つけ出す。
この世でもう
会うことはなくても。

いつも
思う
ことは
一つなんだけどなあ。

私があのひとといた時は
とても幸せだったといえる。
それなら又相手を見つければ
同じように幸せになるだろう。
そのために
努力すべき。

いつからなんだろうなあ。
でもそれも当然のように思うぜ。
昔から同じ。
馴染めなかったじゃあないか。
それがなんだ?
変わらないさ。
それだけだ。
そう生まれたのか、はたまたそう育ったのか
それはワカラナイが

今も昔も私はこう
それだけは事実だ。
過去が作った私はこうだ。

しかし、だ。
しかし今迄そーやってきたけど
本当にあっているのだろうか?

一つ思うのは
機が熟していないのだ。

うううん、、、

でもこの
絶望を蕎麦湯で割ったような人生を
いつまでも展開するつもりなんだい?

残念だ。
いつもそう。
私は別にどこか遠くへ行きたいわけじゃないんだ。

なにかになりたいわけでも
これをどうにかしたいわけでも
なんでもないんだ只、

私は自分のたったひとつの大事な人生を
安穏と生きてゆきたいだけなんだよ。
平和に幸せに、生きたいだけじゃないか。

なんでいつまでも
私を縛り付けるのんか。
理解できないよマッタク。
お前らそんなに暇かよ

血が。
でもしょうがない。
私は冷血なのかもしれないね。

だから、大切な人が必要なんじゃないか。
難しいねでも。
私にはどうすることも。
でも努力せねば、と、
自分の望むかたちに人生を持ってくためにだ。

一人で生きていきたいというのは
そんなにおかしい事なのかなあ。

要らないよ
どうにかする。

じゃだめ?
私には何が必要?

びぎーほんと?
もう会わないの?嘘だろ
何度見ても涙が溢れる

もう、会わない
もう一生会わないなんて
本当に今後の人生に交わらないなんて
君が。
それが現実だなんて。

信じられないや。
でも
信じなくてはならない。

なんなんなー

承認されないと
生きて行けないのかなあ。

たにんってそんなに
大それたものなのだろうか。

ワカラナイ。

優位性ですよねえ
考えるの


てかさあ。
そういうこと
他人だから言うんだろ
近しい人間だったら
言わんだろ
辞めるなっていうだろ止めるだろう

それが模範的行動ですよねえ

責めてやるな彼を。


彼も又、ただの群衆に過ぎず
私にとっても
只通り過ぎたひとなんだろう。

私にできるのは時が満ちるのを待つことだけだ
いままでそうしてきたように、
いまもまたそうする。

うあー
くさくさする。
ふふん

いやあ

知らないよー
知らないよー

なんなんだこの人は
私をイラつかせるのん。

まあごめんどうでもいいわあ。


君は居ないんだ。
頭を壁に打ち付けずとも
わかっていることだあ。

私がこんないみわからんやつらの
相手をしているのも
君が居ないせいなんだあ。

てことは私のせいじゃんか。


いやでもー
なんでこう
理屈があああああ

なんていうか
きっと多分
ハードルがとても高まりましたよ。
残念ながら。

ああ、せめてバツバツがよくないと、
もう他のこと
どうでもいいわ。

しょーもな

何でなんだ!!!
怖いことないのに何にも!!!

要らないから、代わりなんて
この瞬間を耐え忍ぶだけだ。
要らない必要じゃない
無理だ、まだ。

どこをどうすれば
代わりが見つかるのかな?
無理だろう、
もーさ。
悲しい悲しいと思って
生きてくのさ。