読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使う言語が違う気がする。

人間ってほんとうに恐ろしいと思うサイアクだほんとうに最悪だ。うけるなー、ぞわぞわする恐怖で鳥肌が立つ。あー、ほんとこれだから田舎もんはってことです

てかやべえ。こええ。人間と付き合うのきついなって思うわ。

別れたい こちらが謝んのかよ意味がわからない 怖いわ。あー 怖い。まじで 怖い。ほんと ひゅーどろどろってかんじ。

ほんとうに うーんこの人のせいで私の人生はおかしくなっていると思う ザンネンむつかしい よね でも 仕方ない残念です

びっくりするぐらいきれいな人がいない…だ、ださい、、、、痛々しい程どこもかしこもださい、、、

りそーが、違う気がしたんだうんてか違った。あなたの完璧は私の完璧ではない。

これは 乗る時間帯が不味いんだ確実やべーよ仕事をしていないか仕事をしなくていいかどっちかじゃん?こえーよもう、、、

今は 遊ぶしかないんだってマウスはやっぱり可愛かった。こういう女の子になりたい。

私はあの映画を観てなんにも思わなかったのだが強いて言えば、無理やり感想を引き出すのであればこんな風になるなら友達ってやだな、ああ、友達が居なくてよかったな!、とそう思った。他人に依存して生きてくなんてまだ出来そうもない。

葉蔵が脳病院へ入ったのは24歳の時だったか、あの手記を書いた時が27歳だった。あの壮絶な経験を27歳までにする。私の世界は狭いなあ。まだ縁の切れた人に拘っているからにもういいんじゃない金の切れ目が縁の切れ目だってようちゃんも言っていた私は別に復…

ありがとう、それだけ言って

たまにしろめ剥くから気をつけた方がよい

劣悪な環境であるからこそ進化する。残ってやる。キツイ環境にありつけるのは有難い。そんな環境を得られたのは幸運だと思うわ。目指す人が欲しかったから私は。尊敬できる人が欲しかったんだ私は。只の人は駄目だ。きついとこ潜り抜けたのであればまだ尊敬…

でも納得したんだあもう納得した。もう大丈夫だ。又 そうなるかなと思ったがならなかった。それならそれで良くはないけれど、よいのだ。もう。ありがとう。嬉しかった。なんの意図もない感じがわかったんだ、もう仕方ない。相手はやっぱり嫌いなのかもしれな…

今連絡したらもう後悔しないの?今連絡したら連絡が来ない事に納得するの?今連絡したら過去に囚われなくなるのかな?全てを納得して生きるなんてできないのはわかるけどコレだけは納得したい、うん、納得しなくても仕方ないとちゃんと諦めたいんだあ。

悲劇は幸せな家庭にしか降りかからないみたいだそう考えると私たちは完成されていたのかもしれない。状況が飽和的であればあるほど何かを待ちわびるんだな。何かってのは たぶん一種類しかないけれど悲惨な家庭がより悲惨になってもその悲惨度合いは幸福な家…

うーん…仕事ってそんなに偉いの理解しがたいどこでもいいと思っているから適当にしか調べないんだが…わからないよね、そんなこと理解しないだろうてか実際どこでも一緒だろだからこんなに会社の数があるんだろだから日本人みたいな下卑たやつらが大勢仕事に…

もう終わりにしたいそういうことなんで生まれてしまったんだろうな。こういう人生ならべつに生きる必要がないと思う。

大義が無い方が生き残るんだよなあ結局 と思ってしまった。そんなこと描いていないのにね。うーんうん万能なやつは不幸だ。あーあ。だってべつに何しても同じだもの。できる、なんだってそう言ったのはあなただ。

アザラシの生まれ変わりなのではないかと思うくらい魚を摂取する

自分の世界がちいさくなってく天井が閉じてゆく感じがする。からいやなんだ、知り合い知り合いあるよね、でも業界のひとだったら違う同郷かつ同年代はまずい同郷 同年代 同業者は避けろとビジネスの基本だぞ!低家賃だから同じとこに住むって引くだろ。貧乏…

なんでこいつら普通すぎて発狂しないの

今日のことは忘れて楽しもう

私は日本酒とかお酒とかそういったものがすきなのではなくてあーあ、結局あのときがすきだっただけだ。もう誰ともそうならないし、そうなりたくないんだ

住むとこでも来るとこでもないつまり関わらなくていいとこ。

絶対君を見つけ出す。この世でもう会うことはなくても。

いつも思うことは一つなんだけどなあ。私があのひとといた時はとても幸せだったといえる。それなら又相手を見つければ同じように幸せになるだろう。そのために努力すべき。いつからなんだろうなあ。でもそれも当然のように思うぜ。昔から同じ。馴染めなかっ…

しかし、だ。しかし今迄そーやってきたけど本当にあっているのだろうか?一つ思うのは機が熟していないのだ。うううん、、、でもこの絶望を蕎麦湯で割ったような人生をいつまでも展開するつもりなんだい?

残念だ。いつもそう。私は別にどこか遠くへ行きたいわけじゃないんだ。なにかになりたいわけでもこれをどうにかしたいわけでもなんでもないんだ只、私は自分のたったひとつの大事な人生を安穏と生きてゆきたいだけなんだよ。平和に幸せに、生きたいだけじゃ…

一人で生きていきたいというのはそんなにおかしい事なのかなあ。要らないよどうにかする。じゃだめ?私には何が必要?びぎーほんと?もう会わないの?嘘だろ何度見ても涙が溢れるもう、会わないもう一生会わないなんて本当に今後の人生に交わらないなんて君…

承認されないと生きて行けないのかなあ。たにんってそんなに大それたものなのだろうか。ワカラナイ。

優位性ですよねえ考えるのてかさあ。そういうこと他人だから言うんだろ近しい人間だったら言わんだろ辞めるなっていうだろ止めるだろうそれが模範的行動ですよねえ責めてやるな彼を。彼も又、ただの群衆に過ぎず私にとっても只通り過ぎたひとなんだろう。

私にできるのは時が満ちるのを待つことだけだいままでそうしてきたように、いまもまたそうする。

うあーくさくさする。ふふんいやあ知らないよー知らないよーなんなんだこの人は私をイラつかせるのん。まあごめんどうでもいいわあ。君は居ないんだ。頭を壁に打ち付けずともわかっていることだあ。私がこんないみわからんやつらの相手をしているのも君が居…

要らないから、代わりなんてこの瞬間を耐え忍ぶだけだ。要らない必要じゃない無理だ、まだ。どこをどうすれば代わりが見つかるのかな?無理だろう、もーさ。悲しい悲しいと思って生きてくのさ。

嘘でしたと言われるのを待っている。いまならまだ許す。終わらないなあ。君と比べてしまうなあ。こういうことに成る為に出会ったのだきっとこういう風にしかならんよ。絶対私の性格から類推するに私はあなたにとって価値がなかったよ、わかったよわかったか…

情がわく。里心が付いてしまうんだよなあ。甘いよね、甘いな人を信じられないが故の特殊な心の動き。忙しいから無理だ。忙しいひと嫌いなんだ。

従えない。自分の血にしか。抗える、全世界私の生きる世界は精神世界君は孤独だと言った、私の孤独がわかるくらい君も孤独だから傷を舐め合うのか?孤独はいやだから神を信じたかった。ああでも例の神様は、私の善しとする世界を作って来なかった。きっと、…

いなたすぎてびびっている

えーと多分生活のハリというところで。何かを待つことはある種の日々の波です。待っているものがあることは幸せじゃないか。知りたいだけなんだもっと張り詰めた感覚を持ってしてぐにゃぐにゃ思わないやり方はないな。私には。

醜くても友達とかちゃんと居て幸せな方がよっぽどエライ。知らないよなんでだ。なんでなんだ。なんでわざわざ私なんだ。

醜くても友達とかちゃんと居て幸せな方がよっぽどエライ。知らないよなんでだ。なんでなんだ。なんでわざわざ私なんだ。

思い出は今を悲しませる為にあるの??

なんかさあ。なにを期待している?何も。でしょ?ってあーあーこの行動を改めればまたできるのか?私が他人に受け入れられる筈がねえよ。どうだよ私がこの人って思った人ですらだめなんだからそうじゃないやつなんなの私も結局理想が高すぎんのさでも手間だ…

でもこの人たちに私の価値はわからなくないか?んー尺度が。ないからさ。わかるのは私に価値はないということだけ。知らないじゃない、どんな気持ちでいたとか苦痛とか今を見てもないわけで微塵もさあの店が業界が、わからないでしょう今となっては私が根拠…

すきすきと過ごした日々は呆気なく終わり、すきなのかーへえーという日々は終わってからすきすきとおもう。抗う必要がある。なんちうね。なんなんだ。

もう行かない一生、と思うと絶望しかなくて、このようにこの人のように。でも考えるにこの人と同じことをするならこの人でよくて。この人と同じことをしないから別の人で有る意味。別に選んだわけじゃないけど居ないという事実だけが横たわって確実すぎてほ…

なんかねその程度の作業が苦労というなら今まで私がしてきた思いは何なのかと作業…に苦労もクソもないかとこいつらに就職先がないのは火を見るよりも明らかだが、何故私は奴らと同じように就職先を斡旋して貰おうとしているのか?疑問だ。おかしいよな。同じ…

朝、アヒルさんボートが整列している。一羽一羽におはようと言う。又朝が始まる妄想