読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でもこの人たちに
私の価値はわからなくないか?
んー
尺度が。
ないからさ。

わかるのは私に価値はないということだけ。

知らないじゃない、どんな気持ちでいたとか
苦痛とか今を見ても
ないわけで微塵もさ

あの店が業界が、
わからないでしょう
今となっては私が
根拠を出すこともできない。
難しいよね。

価値はないけどでも
なんだろう
いちお社会的に生存していたから
それは確かだから。

まーそんな過去のこと言っても仕方ないわ。
知るかよまじ。

学校行かなくても
勉強しよう。
自分でとにかくやってみよう。


なにこれ
よくもまあ。